太陽が名残惜しそうに消えた

街の光が眠たそうに目を覚ます

家路遥かな帰り道

黄昏色の雲は流れ

満員電車にゴドゴト揺られて

駅裏に掃き出された人ごみ

胸が切ない夜もある

俯かないで家へ帰ろう

夢も希望も胸に生きてきたつもりが

何処かで失くしたモノばかり

悲しみを迎えに行くのは止めたよ

明日を笑顔でいるために

小さな命があなたに宿る

どんな世の中をこの子と生きる

甘く煮た金目鯛

静かに時間が通り過ぎる

麗しいあなたと共に生きられる

こんな俺だけどありがとう

毎日すれ違う気まぐれな風に

吹かれて飛ぶようなシャボン玉のように

さ迷いトンネルを抜け出して

歩こうどこまでも

夢も希望も胸の奥で燃えている

誰にも内緒でいたけれど

悲しみを迎えにいくのは止めたよ

今宵は月さえついて来る